2017年11月05日

早くもダンゴゴケが

でてきています。

稲刈りが済んで1か月程,と思っていたのですが,
今年の稲刈りは,2週続けての台風と秋雨前線の影響で雨がよく降り,少し,
遅かったようです。やっと済みました。

さて,自宅近く,道路べりの放棄水田にもダンゴゴケが出現します。
数年前に気付きました。
今年も,しばらく前から,草に覆われていない土の表面が,稲刈りが済まないのに,
なんとなく緑色でした。今日は,もう,かなり,びっしりの緑(ボケててすみません)。

IMAG0172.jpg

ダンゴゴケ特有の丸い群落ではないのですが,鮮やかな緑は,ダンゴゴケのもの。

タブレットにルーペをつけて,

IMAG0164.jpg


IMAG0165.jpg

間違いなくダンゴゴケです。
今年も元気ですよ!!!

posted by ハイゴケ屋 at 15:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

ご案内:コケの研修会

コケ研修会@岡山理大のご案内
 コケをわかるようになりたいと思っている方:コケの種類を
見分けたり,わかるようになるには,どうしたらいいか,納得の
いくまで,やってみませんか。
 また,あるグループをわかるようになりたい!という方:同定
された標本を自分でじっくりと見比べて,どこがどのように違う
のかを分かるようになってください。
 
研修会スケジュール: 
11月25日(土)1pm−5pm 
場所:岡山理科大学 C2号館,7階,
   自然フィールドワークセンター,西村研究室
 (C2号館に入ったらエレベーターで7階へ。出てすぐ横に表示があります)
(次の2コースを別の部屋で同時進行します)
コース1(対象:顕微鏡でコケを見たことが無い方,案内人:川合啓二)
 顕微鏡を使ってコケを見よう!
 実体顕微鏡とルーペでシラガゴケ類3種の違いを見る
 実体顕微鏡下でタチゴケとハイゴケの葉を外す
 生物顕微鏡でタチゴケ,ハイゴケ,シノブゴケの葉を観察する
コース2(対象:顕微鏡を使ってコケを見たことがある方,案内人:西村直樹)
 ミズゴケをわかる!(ミズゴケ科7節の代表種の特徴を知る)

懇親会:11/25(土)6pm−8pm 
 (場所:岡山駅周辺で:詳細は参加希望者にお知らせします)

11月26日(日)10am−15pm(自由解散,昼弁当は各人で用意)
場所:同上
(次の2コースを別の部屋で同時進行します)
コース3(対象:初心者,案内人:川合啓二,西平直美)
 初めに覚えたいコケ達:
 コケ庭のスギゴケ類3種(ウマスギゴケ,オオスギゴケ,コスギゴケ)
 身近な岩上に生育する3種(ギンゴケ,ハリガネゴケ,コブゴケ)
 渓谷で大きな塊りになる3種(タマゴケ,ヒノキゴケ,カモジゴケ) 
コース4(対象:顕微鏡を用いて同定の経験がある方,案内人:西村直樹)
 ハイゴケの仲間をわかる!(ハイゴケ科の主な属,種を知る)
 タイ類など他に観察を希望するグループがあれば申込の際に
 お知らせください。

会場への交通(なるべくJR-バスでお越しください):
JR-バス:
岡山駅後楽園口(東口)から理大東門行きバス:。
http://www.okayama-kido.co.jp/bus/jikoku/pdf170201/17_27_37_mimyohb.pdf
岡山駅西口から岡山理大行きバス:
http://www.okayama-kido.co.jp/bus/jikoku/pdf170201/47_gakuen.pdf

キャンパスマップ:
http://www.ous.ac.jp/up_load_files/pdf/kakegakuen_map.pdf

自家用車:東口より入り,守衛室で入構証をもらってください。駐車は
 C2号館周辺に。

宿泊:各人で駅前のホテルなどご予約ください。

参加申込,問合せ先:
 お名前,参加希望コース,懇親会参加の有無,交通手段,携帯番号
 を明記の上,西村(xli02506@nifty.com)に連絡をください。
 (このメールには返信をしないでください。)
 締切:11月11日(土)
 参加費:無料。
 なお,申込多数の場合は,お断りすることもありますので
 ご承知おきください。

主催:オカモス岡山,協力:岡山理科大学自然フィールドワークセンター

参加申込,お問い合わせは,西村(xli02506@nifty.com)にお願いします。
以上,宜しくお願いします。
posted by ハイゴケ屋 at 10:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

プレゼミ野外調査

愛媛県の小田深山でコケ・フロラ調査を行いました。
新ゼミ生にはプレゼミの一環となります。
野外でどんな動きをするか,コケの種類を見分けれるか,などなど,これからの一年を占う2日間です。
初日は,な,なんと雪がぱらつく一日!
2日目は,なんとか晴れて,さて,さて,どんな一年になるか・・・

P3230486 student-1.JPG

春はもう少し先のようです。

P3240515 Rhodobryum-1.JPG

P3240517 Bartramia-1.JPG


かつて報告されていた種が,今でも,しっかりと生育していました。
ちょっと嬉しい。

P3240525 Myurella-1.JPG


お世話になったTさん,Yさん,有難うございました。


posted by ハイゴケ屋 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

3月は怒涛の日々

プレゼミの開始:
まずは,必須のアイテム(PC)がどのような作りになっているか?からです。
卒業する先輩が指導します。

20170303-20.jpg

卒業旅行?
卒業まじかのゼミ生は犬島へのシーカヤック・クルージング。
穏やかな春の海を,のたりのたりかな?
サポートしてくださった皆さん,お世話になりました。

1490071128896-20.jpg

1490071147494-20.jpg

1490071186648-20.jpg


コケ農場の移転も行いました。
今までコケ栽培実験を行っていた自然植物園のすぐ近くです。

1490070715672-30.jpg

1490070720466-30.jpg

1490070709606-30.jpg

お疲れさま!
posted by ハイゴケ屋 at 15:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

卒論研究の発表会

が,昨日,行われました。

今年は,二人。

一人は,屋久島にどっぷりとつかり,コケ三昧。

RIMG0147.JPG

もう一人は,コケの微細な形態の3Dモデル化に挑戦。
パソコンをいじくりたおした1年だったようです。

RIMG0148.JPG

どちらの卒研も,多くの方々のお世話になりました。
お陰様で,二人とも,この1年で,随分と成長しました。
これからが楽しみです。
お世話になった皆さんに,心より,お礼申し上げます。
posted by ハイゴケ屋 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

やっと,ついに,屋久島!

日本蘚苔類学会第45回大会が,8月29日〜31日に,屋久島で開催されました.
迷走した台風10号が東に向きを変え,次の12号が北上する前の奇跡的な隙間でした.

RIMG0065.JPG
穏やかな朝の安房川:大会宿舎となった「屋久島山荘」より

一昨年は奥入瀬,昨年が北八ヶ岳,そして,ついに,念願だった,屋久島での開催.
これでコケの聖地三ケ所で大会が開催されたことになります.
いずれも「貴重なコケの森」に選定されていますので,それに加えて
日本蘚苔類学会大会の開催は,それぞれの地で,コケの美しさをウリにした
観光資源の一つとして,持続的なエコツアーへと加速的に発展することが期待されます.

RIMG0058.JPG
山口会長より屋久島町町長へ「貴重なコケの森」認定証が渡されました

思い起こすと,25年前の第20回大会,岡山の大原町で開催されました.
この記念大会を引き受けた井木さんが,大会終了後に,「参加の顔ぶれが
変わらず,参加人数が減少傾向にある.今,なんとかしないと,コケ学会が
危ない」,「コケ学の基盤を広げる必要があるが,研究者の先生方は忙し
すぎて,これ以上に何かをするようにとはお願いできない」,「自分達が
できることをしよう」と,岡山在住のコケ学会会員に訴えて,「岡山コケの会」
が発足しました.翌年の秋でしたので,オカモスは24年目.

最近の大会と同様,今年の大会も,若い,元気な学生さんが多く,とても
活気に満ち溢れています.また,コケ研究の様々な分野の方だけでなく,
コケの利用(栽培や展示など)に興味を持つ方,コケが好き!という方々の
参加も多くなっています.屋久島だったからでしょうか,ご夫婦で参加の方も,
例年より多いようでした.老若男女が憩う,まさに,コケ学会発足当初からの
良き伝統が,今年もしっかりと引き継がれているように思えました.

大会3日目はエクスカーションです.
私はコケコケワールド(KKW)班に参加.初めてヤクシマミズゴケモドキを
見つけました.遠目では「大きな,変な蘚類」と思ったのですが,近づいて
見ると,特徴的な円筒形の袋が見えて,ミズゴケモドキの仲間とわかりました.

RIMG0067.JPG
エクスカーションの後,花揚川へ.
むむむ,南のCtenidiumで,この辺りがまだ今一つよくわからない.ヒメクシノハゴケかな?

屋久島の皆さん,本当に有難うございました.

来年は8月29〜31日の予定で群馬.
その次の再来年は,富山での開催が決まりました.

posted by ハイゴケ屋 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

コケ研究室の移転

無事に終了しました。

移転先は、21号館です。
本学東口(自衛隊側)のバス停付近から、坂の上を見上げると、
正面に「21」と表示された建物が見えます。

DSC_0148.JPG

コケ研究室は、7階(最上階)の東側、南の端です。




posted by ハイゴケ屋 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

研究室の引越し

本学では,新たなA1号館の完成に伴い,
民族大移動のごとき,研究室大移動が行われています。

「岡理のコケ研」も,今まで慣れ親しんだ十学舎5Fより,
21号館7Fに引越すことになりました。

21号館には,生物地球学部の教員の皆さんの研究室があります。

「5月23日の週」に引越すことが決まりました。
posted by ハイゴケ屋 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

年末に四国へ、

誘っていただいて、四国にコケ調査に行ってきました。
今年の〆調査です。
ハイゴケ科やアブラゴケ科の種の生態をじっくりと観察しました。

PC280448-10.jpg


PC280457-10.jpg


PC290488-10.jpg


PC290502-10.jpg


PC290540-19.jpg


PC290523-10.jpg


PC290552-10.jpg


PC300571-10.jpg


PC300593-10.jpg


PC300563-10.jpg

 穏やかな新年になりますように!
 どうぞ、皆様、よいお年を!


posted by ハイゴケ屋 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

日本蘚苔類学会第44回大会が

北八ヶ岳で開催されました。

ナンジャモンジャゴケやヒカリゴケ、臨床に広がるコケ群落などなど、
堪能させていただきました。

IMGP6514-1.jpg


IMGP6527-1.jpg

RIMG0559.JPG

もちろん、研究発表も大変刺激的で、とても楽しく拝聴しました。

また、本大会を誘致してくださった「北八ヶ岳苔の会」の皆さんが、苔を通して、
自然を守っていこうと、とても頑張っておられて、嬉しかったですね。

来年は、いよいよ、日本のコケ研究の聖地、屋久島です。
8月末に開催される予定です。
この機会に、日本のコケ研究と屋久島との関係を見直してもいいかな・・・
あるいは、「奥入瀬から北八ヶ岳、そして屋久島へ」という一連の流れを
重視した何かを企画してもいいかもね・・・
さて、さて、どうなるか、とても楽しみです。



posted by ハイゴケ屋 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする